So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

5月10日 「あなたへ」 [2020年 日記]

数日前に見て初期消化がやっと出来てきたゴッドファーザーに続いて今日は、「あなたへ」を見た。

「居酒屋兆治」にも通底する「人を想う」というテーマが描かれる。まるで音楽におけるドローンの様に、表に出たり裏にまわったりしながらも終始映画の中に流れている。

2012年公開の高倉健の遺作。表情や声は相変わらずだが、こんなに歩き方がぎこちなかったかと思う。姿勢も肩が落ち、腰は前に。
誰にでも公平に訪れる年波はもちろん名俳優にも及び、生きていれば押し寄せてくる様々なもの・ことにより少しずつではあるが確実に身体に変化がもたらされる。高倉健の場合も一般人には想像もつかないような年月を重ねてきたに違いない。

主人公の妻、田中裕子の描かれ方も、あからさまではないミステリアスな部分が残されているおかげで、見るものが自分に置き換えて感情移入しやすくなっている。

キャンピングカーが欲しくなった。

5月10日 「ゴッドファーザー」 [2020年 日記]

名作映画というのは題名を長いこと知ってはいても見る機会がないことが多いもの。
「ゴッドファーザー」もそんなひとつ。

上映時間が3時間もあるというのも、よほど時間の余裕のある時でないと見ることができない原因になる。先日、大型連休にやっと見ることができた。

3時間。見終わってどっと疲れる映画は比較的多いがこれもまた重かった。

裏切り、暗殺などが最初から最後までほぼずっと続く。主役のマーロンブランドの渋さ、ヴィトコルレオーネの父性などがあってこその充実感がその後に続く。アルパチーノの演じ方も確かに素晴らしい。
いつものごとく見終わった後に映画や俳優の情報を調べてさらに理解を深めるのも楽しい。

パート2、3も製作されているので見たいと思う。

4月7日 楠の若葉 [2020年 日記]

桜が満開。今年は咲きだしてから冷えたおかげで、長い期間にわたって花を楽しめている。

霜の恐れはあるものの、襲われるような寒さからはどうやら解放された陽気になってきたらしい。
ナラ、クヌギの芽吹きが春風に爽やかになびき、クスノキの若葉の黄緑色が強い陽射しに映えてまぶしい。

毎年この時期はこんな開放的な気候になってみんな外に出かける誘惑にかられる。たまにそうではない年があっても、悪いばかりではないだろう。


3月14日 春は来る [2020年 日記]

もう3月も中旬になるというのに最低気温が2度の日もあるという寒さ。
これで本当にあと10日そこらで桜が咲くのかと疑問に思うような気候だ。

それでも自然界は何があってもサイクルを守る事を知っているし、だから世の中で何が起こっていようと安堵することができる。

ブルーベリーの蕾が膨らみ始めた。

2月16日 やっと初雪か? [2020年 日記]

記録的な暖冬の今年、まだ雪も氷も経験していない。明日はやっと初雪になりそうという天気予報に、普通であることの安心を感じる。

今日は熊本城マラソンが冷たい雨の中行われた。そうでなくてもハードなのに、身体も靴もビショビショに濡れたらどれだけ過酷なんだろう。どうか風邪などひかないで欲しいものだ。


1月7日 40年の空白 [2020年 日記]

高校時代に一度だけ訪れたことのある友人の家の場所へ行ってみた。一度行っただけでも強く印象に残っているのは高校生という多感な年頃だったせいだろう。彼の家は小さな川沿いに立つ古い木造の2階建てで、その2階に招かれて、近くの熊本駅発2時台の夜行列車を待たせてもらった。

その友人とも卒業以来会わず。家の前に行ったらもしかして年を重ねた彼にひょこっと出くわすのではないか、その時は何と声をかければよいのだろう、おそらく向こうは気づかないがすぐに思い出すだろう、などと考えつつ、たどり着いたそこには熊本地震で傾いてボロボロになった建物がブルーシートに覆われて建っていた。もちろん人の気配はない。

彼はどこへ行ってしまったのだろう、住み慣れた土地を離れどこかの真新しい平成の住宅に暮らしているのだろうか。

今どうであれ、自分の記憶の中の彼は川沿いの古くて暗い部屋で、まだ高校生のまま暮らしている。

1月2日 平穏 [2020年 日記]

2020年に入り2日目。無事に初夢も見て、昨日は快晴、きょうもまずまずの穏やかな日。

新年早々にトラブルに巻き込まれるのも避けたいので車で遠出したい気持ちを抑える。

遠く離れたジャカルタでは年末の豪雨で大きな被害も出ているらしく、この静かな国とはまったく異なる場所があることを思い出す。思い出さなければならないほど呆けている。


12月10日 ボー茄子 [2019年 日記]

どんな茄子?
1年に2回、実をつける、何にでも料理できる万能ナス。大きい小さいでいろいろ言われる事も多いが、収穫できない人も居ることを考えればあるだけましだろう。

我が家にも今日、実がなった。


10月31日 「ミクロの決死圏」から、海は広いな大きいな、有明海でも [2019年 日記]

昨日は阿蘇へドライブ、今日は熊本港へ海を見にドライブ。このところ平日が休み。天気も良く気温もちょうど良く、お出かけ日和。

録っておいた映画「ミクロの決死圏」を見た。若かった頃に公開されて、非常に斬新なアイデアに世間も自分も驚いた。当時は見る機会もなく過ぎて、何十年も経った今、初めて見る事が出来た。

ヒトの身体の造りや血液の役割、肺の役割など、知識として知っていることを登場者たちが身をもって教えてくれる。

とんでもない精巧な創造物としてのヒトに対する畏敬に、科学への賞賛が少し加味されている。登場人物の一人が、砂糖に引き寄せられてきたアリをひねりつぶそうとして思いとどまるシーンが印象的。

9月15日 熊本交通センターの終わり [2019年 日記]

熊本県民なら「交通センター」という言葉にいくらか、あるいは大きく慣れ親しんできた人が多いのではないだろうか。もうこれを聞いたり見たりすることも一気に少なくなるだろう。まず驚き、ああ建て替わるとはそういうことなんだと少々寂しく感じたのが、ひっきりなしに行き来するバスの行き先表示。ある日気がつくとどれもこれも「桜町バスターミナル」になっているではないか。「交通センター」を何十年言い慣れ、見慣れてきただろうか。

昨日14日、新しい桜町バスセンターが入る総合複合施設SAKURA MACHI クマモトがオープンしたので行ってみた。

それはそれは大勢の、おそらく熊本市民がほとんどを占めるであろう人たちでごったがえし、熊本市でこんな歩きにくい状況ってのもなかなか珍しいと思いながら、人混みは苦手なので早々に出た。

この日は熊本県内のバス・市電・電車がタダという大盤振る舞いの日ということをおそらく多くの人が知っていたんだろう、施設の賑わいに加えて市内を走るバスの乗客の多さもすごかった。乗り切れずに置き去りにされるバス待ち客はこの無料イベントのことをどう思ったのだろうか。この日は快晴、最高気温33度。有料のままでも乗りたかった人も居るに違いない。まあ、自分が無料に乗っかって出かけた乗客の一人なのだから言えるものではないがこのあたりどういう目算で企画されたイベントなのか議論された中身を知りたいところだ。

高速バスはさすがに除外だったが、快速バスは無料だったので快速あまくさ号で本渡に行き、さらにフェリーで島原に渡って、バスで移動して長洲へフェリーで戻って、という机上計画を立てたりもしていたがゆっくり起きたので中止。市内近郊を少しだけ乗るにとどまった。

29箇所もの乗降場がある大きなバスターミナルというふれこみに少々期待し過ぎていた。バスターミナルを作り変えるのは何十年かに一度の大事業のはず。構造を検討する際にはバスの乗降がいかにスムーズに、待ち合わせがいかに快適に改善できるかが最大に吟味されるべきところではないだろうか。

行ってみるとそれぞれの乗り場は狭く、並ぶ人の列で思うように歩けずストレスがたまるだけ。エスカレータ降りて直ぐに人の流れを妨げるように置かれた待合ベンチ。バスを降りてさてどちらに行けばいいのか表示を見ようとしても目に入るのはまぶしい広告看板ばかり。地名をある程度知っている市民でさえよくよく見ないと探し出せない量の行き先が書き込まれたホーム案内表示。案内ブース含め、立ち止まって見られるようなバス路線図も見当たらず。目的の乗り場に行っても行列のため発車時刻表に近づくのにも骨が折れる。開業初日で人が多いからで、落ち着いて日常的に運用され始めれば快適に使える、とはなかなか思いたくても思えない。

文句ばかり書いてしまったけど、これまで熊本地震前から何年も工事が行われてきて大きな空白地帯だったところに楽しいところができたのだからいいことだ。

前の10件 | -